News

2021.11.19 お知らせ

JANET FORUM 2021 参加報告

20211110日~12日に筑波大学主催によるJANET FORUM 2021が開催されました。

JANET FORUMは、JANETJapan Academic Network in Europeの幹事校が主体となり、2016年から毎年、欧州内の大学や研究機関で開催しているイベントで、今年はテーマを「International exchange under COVID-19 situation -Planning ahead for the next few years –」としオンラインプラットフォーム上で配信された筑波大学の津軽三味線クラブによる華やかな演奏で幕を開けました 


フォーラム
1日目は、筑波大学の永田恭介学長による開会挨拶の後、ベルリン自由大学副学長・EAJS European Association for Japanese Studies会長 Prof. Dr. Verena Blechinger-Talcott、文部科学省 里見朋香審議官(高等教育局担当)、株式会社共同通信デジタル 執行役員兼リスク対策総合研究所長 小島俊郎氏、駐日欧州連合代表部 Academic Cooperation Officer, Mr. Richard Kelner、駐日欧州連合代表部 Science and Technology Advisor, Dr. Tom Kuczynskiから日欧の留学や奨学金プログラムに関する発表が行われました。 


フォーラム
2日目は、日欧の大学や研究機関のマッチングイベントが開催され、本学はオンラインのプラットフォーム上にブース出展を行い、欧州の大学との面談を実施しました。 

また、最終日には「ポスト・コロナ時代に向けた日欧学術交流のチャンスとリスク」をテーマにドイツ・ケルン日本文化会館とオンライン配信のハイブリッド形式でパネルディスカッションが開催されドイツ学術交流会(DAAD)、ドイツ研究振興協会(DFG)、フンボルト財団、日本学術振興会(JSPS、筑波大学から発表が行われた後活発な議論が交わされました。